Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

svchostの怒りを収める,と言う話.

古典的なネタである.

svchost(netsvcs)がアホほどリソースを食いまくり,CPU使用率が高止まりしてX1Carbon(2015model, i7/RAM8G)のバッテリががんがん減る.
SvchostAnalyzerで何をやっているのか見てみると,WindowsUpdateのせいではないかと
http://www.japan-secure.com/entry/measures_method_in_the_case_of_confirmation_of_the_windows_update_does_not_end.html
に従ってWindowsUpdateをいじいじする.

それでもうまくいかないので,どうしたことかとディスクのクリーンアップでシステムファイルの
システムによってアーカイブ(または、キュー)されたWindows エラー報告
が2GBに迫る勢いで蓄えられているではないか!!

https://www.fmworld.net/cs/azbyclub/qanavi/jsp/qacontents.jsp?rid=261&PID=3708-5880#case8
によれば,削除してしまっても問題ないとのことなので,これを機に問題ないとされているファイルをガンガン消す.

すると,svchost(netsvcs)の怒りが収まって,普通にしていればバッテリ88%/8時間程度の利用時間が表示されるようになった.
めでたしめでたし.